外壁塗装を知る

外壁塗装を知る

外壁塗装と季節の関係

外壁塗装と季節の関係 外壁は文字通り家屋や建物の外の壁です。
風雨や降雪、日照の環境の影響を直接的に受けるため、定期的なメンテナンスが欠かせません。
外部の環境にさらされている外壁はメンテナンスも外部の環境の状態に左右されます。
外壁塗装の場合ももちろんこれにあてはまります。
施主や施工業者の都合の良い時にいつでもできるというわけではないのです。
外壁塗装に用いられる塗料の注意書きには、通常、「気温が5度以下の時」と「湿度が85%以上の時」は塗料が十分にその性能を発揮できない旨のことが書かれています。
これを無視して無理に外壁を塗装してしまうと、後に塗装面からの塗料の剥離が起きたり、また、塗装の本来の耐久性が得られなかったりします。
これは、上記2つの条件のいずれを満たさなくても、塗料が想定時間内に適切な乾燥状態に達しないからです。
その状態で重ね塗りなどの作業を行うことにより、最終的に低品質な塗装となってしまいます。
季節的には、降雨が頻繁で量も多い梅雨時と夏、気温の低い冬が外壁塗装には向きません。
これらは、上記の塗料の特性に拠るものです。
日本列島は南北に長く山がちなので、具体的に何月が向かないのかは地域によって異なります。
年度によっても若干のばらつきが出ます。
地域の気候的周期性や特性を確認の上、気温と湿度の2条件を勘案して、外壁塗装に適切な季節を見つけることが必要となります。

外壁塗装のベストシーズンが春・秋である理由

外壁塗装のベストシーズンが春・秋である理由 外壁塗装を行う時期にはベストシーズンがあります。
一見いつ行っても変わらないように見えますが、適したシーズンに行う事でスムーズに外壁塗装を終わらせることが出来ることもあるのです。
外液塗装のベストシーズンは春と秋となります。
理由としては、温度や環境となります。
夏は暑くて日差しが強い為に、塗料を塗ってもすぐに乾いてしまい、二度手間になってしまう事もあります。
逆に冬は塗料が乾きにくく、寒さで職人の施工スピードが落ちたり、現場を温める為の暖房費がかかってしまうことがあるのです。
春と秋は一年のなかでも比較的気温が安定しており、適度な乾燥もありますので、外壁塗装も進めやすくなります。
雨期の時期はあまり向いていませんが、雨期に入る前の時期などは非常に塗装に向いているのではないでしょうか。
そのかわりに、ベストシーズンの時期は混みあう可能性がありますので、出来れば早めの予約をしておくと良いのではないでしょうか。