外壁塗装を知る

雨の多い時期の外壁塗装

雨の多い時期の外壁塗装

雨の多い時期の外壁塗装 雨の時期に外壁塗装をすると塗装を乾燥することができないため、長持ちしないものになってしまいます。外壁塗装を施し乾燥させることでと塗膜が外壁を守る保護膜となり紫外線や風雨等の外的ダメージを防いでいるからです。
でも都合でどうしても雨の時期に外壁塗装をしなければならないときは、地域の天候に詳しい業者を選ぶようにしましょう。天候を読むのが得意な優良業者を選ぶようにします。
その地域の特徴を熟知していて、地元愛を持っており、何かことがあればすぐ駆けつけてくれる距離にあるところを選ぶことです。そのような条件にマッチしているのは、地域に密着している優良業者が最適だということです。このことに気をつけて業者を選べば、この時期でも安心して外壁塗装をすることができます。
またこの時期に塗装をしてもらいたいと望む人は少ないため、業者は暇をしているので普段では頼むことができない優良業者にお願いすることができるチャンスかもしれません。

外壁塗装工事は近隣住民に挨拶してから

外壁塗装工事は近隣住民に挨拶してから 外壁塗装工事を行うときは高い部分での作業も必要になるため、丁寧な作業を行ったり作業員の安全を確保するために足場を組むことが一般的です。足場を組み立てるときにはカンカンという音が響きますし、その他にも塗装をする前には高圧洗浄を行うので大きな音が出ますし水などが飛び散ることもあります。複数の作業員が出入りをして、車を家の前に駐車することになるので近隣住民にとっては迷惑だと感じることも少なくありません。
そこで外壁塗装工事を行う前に、まずは近隣住民に挨拶を行うことが必要です。工事内容や工事にかかる期間などをあらかじめ挨拶をするときに伝えておくことで、トラブルを防ぐことができます。事前に挨拶をすることによって、近隣住民も納得してくれますから、工事が終わった後の人間関係も円滑に行うことができます。施工主だけが行うのではなく、外壁塗装工事を行う業者も一緒に挨拶周りをして工事内容を説明することが一般的です。