外壁塗装を知る

外壁塗装におけるチョーキング

外壁塗装におけるチョーキング

外壁塗装におけるチョーキング やっとの思いで一戸建て住宅を購入して、ほっとしたのもつかの間で、建てて8年もすると、日光や風雨のせいで外壁はどんどん劣化していきます。一度ゆっくり家の周りをくるっと回ってみてください。ひび割れているところはありませんか。シーリングが縮んだようになったり、薄くなっているところはありませんか。そして、壁を手のひらでこすってみると、白いものがついたりしませんか。これがチョーキング現象です。

雨水を防ぐ塗膜が効果をなくして来ている証拠となります。今申し上げたようなことが起きていれば外壁塗装を考える時期に来ていることになります。外壁塗装は大体10年に一度くらい行うものですが、雨風日光の当たり具合でそれぞれの御家では必要な時期に差があります。

そのままでも、住んでいくことは可能ですが、いずれ雨水が壁の中に入り込み、カビが広がったり、白アリが侵入したりします。そうならないために早目早目の対処をお勧めします。

チョーキングは劣化の兆候なのですぐに外壁塗装を依頼!

チョーキングは劣化の兆候なのですぐに外壁塗装を依頼! 建物の外壁塗装をおこなってから年月がたつと、壁に触れたとき、手に白い粉がつくことがあります。これは「チョーキング」と呼ばれる現象。外壁塗装が劣化したサインであり、モルタルで塗装された外壁であっても、サイディングが施された外壁であっても起こります。

長い間、風雨にさらされ、暑い夏の日差しを浴びて熱や紫外線を受け続けることで外壁塗装の表面のコーティングが落ち、効果がなくなってしまいます。そのため、着色のために使われている顔料も表面に出てきてしまうのです。

チョーキングが起こるということは、すでに壁の表面の保護がなくなっている状態だといえます。雨が当たれば水が壁に染み込んでしまいます。この状態を放置すると、表面にカビやコケなどが生えてしまったり、ヒビや割れ目を作ってしまう原因になることも。それ以上。劣化を促進させてしまわないように、早めに専門業者に依頼し、外壁塗装をし直すようにするのがよいでしょう。